【サドヶ島〜調教無法地帯(愛川あん)】✳︎ネタバレ 第4話 『強姦島』

ジー

木の上のビデオカメラが、かほりと2人の男をゆっくりと映し出す。

これを見てかほりを監視しているのは・・・

スクリーンショット 2016-09-03 14.54.05

 

 

 

 

 

 

 

男1「おぉーいくー」

かほりを襲った男のうちの一人が快楽の絶頂に立った時に、その声が漏れた。

かほりは、茂みの中にいた二人の男たちに強姦され、前からと後ろからと襲われる。

そんな中でもかほりは男二人を睨みつけ

かほり「あんたたち、こんなことして、ただで済むと思っているの・・・、捕まる覚悟の上なの?」

男2「訴えても無駄だよー、この島のことは」

男1「そうそう、俺らこの島の人間じゃないけどさ」

かほりは訳が分からずにいましたが、男たちは、

「オラオラー余計な口きいてんじゃないぞー」

かほり「あっ、あっ、あーん」

と、涙をためながらもかほりは快楽に溺れていってしまうのでした。

 

男たちが尽き果てたのち、かほりはノブのことが心配になり、小屋に助けを求めに行くのですが、

捕まっているはずのノブがいません。

かほり「どこに行ってしまったの?」

そこに一人の男性がやってきて

「誰かお探しですか?」

この男もかほりを強姦しようとやってきたのか。

かほりが恐怖に怯える・・・

彼の名前は慎太。

どうやらこの島で大好きだった彼女を探している様子。

とても彼女を心配し、愛していた様子。

かほり(心の声)「この人は、私をレイプしようとしている人ではない、この人はまともかも。ノブくんのことも

助けてくれるかも・・・頼ってもいいののかな。」

とほのかに心を開いていくかほり・・・。

またウトウトと眠くなってきた・・・

 

続きは第5話を・・・

 

 

【サドヶ島〜調教無法地帯(愛川あん)】✳︎ネタバレ 第5話 『ひどい仕打ち』

スクリーンショット 2016-09-05 9.51.26

 

下半身に気持ち良さを感じながら、かほりは目覚めていった。

かほり(心の声)「何?この気持ちよさは。懐かしい・・・。暖かい。黒髪にこの体つき・・・

あっ、ノブくん?ノブくんなの?!嬉しい。ノブくん、無事だったんだ、嬉しい」

そうやって抱きついたかほりの首筋に優しい唇が沿っていき快感を覚えるかほり。

その満足さに今までのひどい仕打ちが忘れることができるほどとろけていった。

しかし

慎太「これは、この島に伝わる媚薬なんですよ」

この声に、ハッと目をさますと、昨日小屋で優しくしてくれた男性、慎太だったのです。

かほり「な、なんなの?」

かほりの抵抗もむなしく、下半身は無性にも繋がったまま。

慎太「これだから、愛する夫がいる女を犯すのはたまんねーなー。だからこの島を抜け出せないんだよな」

昨日のやさしかった彼はどこにいったのか・・・。かほりは悔しいながらも下半身の興奮を止めることができないでいた。

かほり「彼女を・・・探してる・・・なんて、嘘ばっかり・・・」

慎太の動きが止まる・・・

寂しそうな顔に一瞬なったのは気のせい?

第6話 慎太の謎の真相が明らかに・・・

スクリーンショット 2016-09-03 15.00.43